2018.05.30の釣果

海水温 am 23.5℃ pm 23.9℃

 

久しぶりの更新です。

海水温も23℃前後ぐらいまであがりだし、だんだんと夏に向けて変わり始めてきました。

石鯛は当たり年で、毎日釣果がでています。

口太に関しては、梅雨グロの釣果がでてきました。

 

最近の底物の釣果は、毎回60cm前後の釣果がでていて、30日も最大で58cmの石鯛があがりました。

今シーズンは最大で6.3kgの石鯛があがり、6kgを越えるサイズの石鯛が2枚あがりました。

餌が完全にガンガゼに移行した影響で、ギンワサはあまりあがらなくなりましたが、雌♀の石鯛が数釣れるようになりました。

最近では、石鯛を釣る人で5枚の釣果。

石垣鯛も3kg近いサイズも釣れていて、数型ともに釣果がある感じです。

ノッコミ具合はまだ腹パンパンの個体が多く、なかにはまだ7割程度の個体もいるなど、まだまだ石鯛シーズンは続きそうです。

日によっても違いますが、石鯛釣り10人中8人釣れたり、全員安打だったりと高確率で釣果もでているのでまだまだ楽しめそうです。

最近になり、スジアラの釣果もでてきたので、石鯛狙いながらのスジアラも面白そうです。

 

最近の上物の釣果は、口太5枚〜10枚前後の釣果がでていて、29日にも48cmの口太を頭に7枚の釣果でした。

シマアジなどの釣果もでている瀬などもありますが日ムラがある感じです。

尾長に関しては、60cm前後の尾長が見えているポイントもいくつかありますが、タナ1ヒロ程度でハリス3号で瞬殺されている瀬などもあり、まったくとれていない状況。

全体的にはエサトリは多く、マニアックな瀬で釣果がでている感じです。

また、時期的にはイサキの釣果があるはずですが、今年はまったくダメで真鯛の釣果ばかりです。

 

磯からのルアーの釣果は、今シーズン初のスジアラが2本釣れていて、最大で76cm、6.7kgでした。

今週頭から、シイラなども釣れだしました。

シブダイ(黒点)も釣る人で50cm前後を3枚前後の釣果。

 

磯からのスルルー釣りでは、シブダイ(黒点)メインで釣果がでていて、ブダイ、サンノジ、シイラ、アカハタ、フエフキダイなどの釣果がでていて、30日もハリス10号バチバチ切られるなど、活性は高そうな感じでした。

 

《 最近の釣果 》