2017.11.05の釣果

海水温 am 23.2℃ pm 23.2℃

 

10月いっぱいで夜釣り、船釣りのシーズンが終わり、瀬渡しのみの営業になりました。

10月末まで25℃台だった海水温も23℃台まで下がり、だいぶ秋らしくなってきました。

 

最近の底物の釣果は、最大で4kg弱の石鯛があがり、釣る人で石鯛だけ4枚の釣果もありました。

ガンガゼは平均80個前後必要で、エサトリの多い瀬では、120個前後使う感じです。

23℃台になってからは、シラガウニではアタリが乏しくなってきたので、ガンガゼメインで良さそうです。

10月11月と石鯛は絶好調なので、しばらくは数釣りが楽しめそうです。

 

最近の上物の釣果は、日ムラ瀬ムラはあるものの、40cm後半の口太があがり始めました。

瀬によって釣果が大きく左右している感じで、石鯛釣りをするような磯などでは、イスズミやオヤビッチャなどのエサトリが多い為釣りにならない感じ。

10月半ばぐらいから口太が釣れだしているのは、地寄りの水深の無い無名瀬周辺。

ただ、毎日釣り人をのせるとどうしてもエサトリが増えてしまうので、釣果のある瀬をローテーションして攻めている感じです。

つけ餌だけは、生オキアミや、半ボイル、ボイルと何種類かもってきたほうが良さそうです。

まだまだ、痩せた個体が多く、白子や真子もまだまだといった感じでお腹はペッタンコです。

これから、時化るたびに状況は良くなっていくと思います。

 

磯からのルアーでは、31日にスジアラの釣果がありました。

今から北西風が多くなる季節、サラシの多い日などはヒラスズキなども面白そうです。

《 最近の釣果 》