2017.09.30の釣果

海水温 am 24.5℃ pm 24.5℃

 

10月になり、だいぶ涼しくなってきました。

8月9月は日中の磯釣り、ジギング、夜釣りとなかなかHP更新する時間が作れませんでした。

台風18号がくるまでは27℃近くあった海水温が24.5℃前後まで下がり、ここ数日落ち着いています。

 

最近の底物の釣果は、最大で58cm、平均2kg〜3kgの石鯛があがっていて、釣る人で石鯛5枚の釣果。

まだまだ、エサトリは多いものの、石垣鯛混じりで6枚〜8枚の釣果もありました。

ガンガゼだけだと、1日100個ぐらい必要ですが、シラガウニが2kg〜3kgあれば、ガンガゼ50〜70個ぐらいで良さそうです。

30日も活性が高く、全員安打でした。

 

余談ですが、毎年、山や民家の庭や畑などの金木犀(キンモクセイ)が花を咲かせる時期、柿や栗が実を落とす時期ぐらいから、石鯛が釣れ始めるのでひとつの目安にしてください。

 

最近の上物の釣果は、釣り人が少ない為情報不足ですが、1日に久しぶりに1ヶ所攻めてみました。

状況としては、撒き餌に口太とイスズミが反応して活性は高く、口太の姿は確認できるものの、イスズミの数が多くなかなか口太まで餌が届かない状況で、撒き餌で分離できず苦戦していました。

釣り人がそこそこ広範囲にはいれば、それぞれの磯の状況がつかめるので、今からといったところです。

 

最近の夜釣りの釣果は、最大で3kg弱のシブダイがあがっていて、シブダイを釣る人で7枚の釣果。

良型のシブダイの釣果はほとんどが、つけ餌はアジでの釣果が多い感じです。

30日には、アラらしきアタリが3回あり石鯛竿ではどうしようもなく、悔しいバラシなどもありました。

久志は10月いっぱいまで夜釣りしますが、まだまだシブダイが釣れていて、9月半ばぐらいから数があがっています。

まだ海水温も高いので、もう少しシーズンは続きそうです。

 

《 最近の釣果 》