2018.08.05の釣果

海水温 am 28.0℃ pm 28.1℃

 

最高の天候に恵まれ広範囲に展開しました。

最近は船釣り、夜釣りメインで出港しています。

 

最近の夜釣りの釣果は、シブダイ(白点)の2.5圈3kgの釣果がよくあがっていて、ほとんどが2kg以上の良型です。

先週も最大で55cm、3.4kgのシブダイの釣果がありました。

先々週、先週と何ヶ所かでアラのバラシがあり、石鯛竿ではまったく捕れないサイズだったみたいです。

小型のアラの釣果はあるものの、大きなサイズは捕れてない状況です。

4日の夜釣りでは、7.5kg前後のスジアラの釣果もありました。

イサキに関しては、平均40cm〜48cmまでの良型があがっていて、釣る人でク−ラ−満タンの釣果。

産卵後の個体ばかりですが、数釣りできる感じです。

ツケエはキビナゴよりも、豆アジでの釣果がよくあがっている状況。

 

基本は17:00出港ですが、8月20日までは、21:00前後の出港まで対応しますので、平日や土曜日仕事が終わってからの夜釣りなど問い合わせ下さい。

8月21日以降は、イセエビ網漁が解禁になるので、日没までの出港(19:30前後ぐらい)は対応しますので問い合わせ下さい。

10月いっぱいまで夜釣りで出港します。

 

最近の磯からのルア−の釣果は、シイラメインで釣果がでていて、ハガツオ、スジアラ、キハダマグロ、アラ、ヒラスズキなどの釣果がでています。

スジアラは平均80cm前後の釣果、キハダマグロは平均7kg前後の釣果。

広範囲にシイラが多く苦戦しています。

 

最近の船釣りの釣果は、キハダマグロ、スジアラ、マハタ、鎧鯛の釣果があがっていて、キハダマグロを釣る人で4本の釣果です。

スジアラは釣る人で2本の釣果。

真鯛は平均で70cm前後の釣果といった感じです。

 

《 最近の釣果 》

 

1531791494563.jpgDSC_0061.JPG1532684231648.jpgDSC_1566~2.JPG1531806107462.jpg1531806110453.jpgDSC_0081.JPG1531806108807.jpg1531806105940.jpgDSC_1570.JPGDSC_1556.JPGDSC_1528.JPGDSC_1526.JPGDSC_1518.JPGDSC_1501.JPGDSC_1565~2.JPGDSC_1564.JPGDSC_1524.JPGDSC_1508.JPGDSC_1567.JPGDSC_1527.JPGDSC_1512.JPG1531791501084.jpg1531791502423.jpg1531791503737.jpg1531791505283.jpgDSC_1572.JPGDSC_1519.JPGDSC_1502.JPGDSC_0073(2).JPGDSC_0066(2).JPGDSC_0078.JPGDSC_0076.JPGDSC_0065(1).JPGDSC_0058.JPGDSC_0056(3).JPGDSC_0080.JPGDSC_0057(3).JPGDSC_0079.JPGDSC_1571.JPGDSC_1568.JPGDSC_1559.JPGDSC_1558.JPGDSC_1521.JPGDSC_1520.JPGDSC_1517.JPGDSC_1516.JPGDSC_1513.JPGDSC_1507.JPGDSC_1505.JPGDSC_1504.JPGDSC_1503.JPGDSC_1490.JPGDSC_1488.JPGDSC_0063(2).JPGDSC_0064(2).JPGDSC_1498.JPGDSC_1497.JPGDSC_1496.JPGDSC_1492.JPGDSC_1494.JPGDSC_1495.JPG

 

         

6月30日の釣果

海水温 am 23.1℃ pm 23.3℃

 

台風の影響で南寄りの風が吹き、風裏ポイントに展開しました。

最近は台風7号の影響でなかなか出港できず、

2日以降、時化が続いています。

 

最近の底物の釣果は、最大で63.5cmがあがりました。

石鯛の釣果が多いなか、全体で石鯛25枚前後釣れた日もありました。

最近では3kg前後の石垣鯛も5枚前後あがりました。

石鯛は釣る人で4枚前後の釣果で、石垣鯛混じりで二桁前後釣る人もいます。

平均3kg〜4kgと良型があがっているので、石鯛は当たり年といった感じです。

まだ、腹パンパンの個体も釣果がでているのですが、半数はおろしている感じです。

1日も石鯛を釣る人で2枚の釣果がでていました。

 

最近の上物の釣果は、口太メインでの釣果がでていて、平均サイズは35cm〜48cmぐらいの釣果があがっていて、釣る人で15枚前後の釣果。

イサキや真鯛、シマアジなどの釣果もあり、暑いながらもそこそこ楽しめる感じです。

 

磯からのルアーの釣果は、スジアラメインで釣果がでていて、平均で80cm前後のスジアラがあがっています。

サラシのある日はヒラスズキの釣果があり、釣る人で5本前後の釣果です。

最近になり、ハガツオやスマガツオなども釣果がありました。

もう少し暑くなればシイラやハガツオなどの釣果が盛り上がってくると思います。

30日には、65cm前後のスジアラがあがっていました。

 

最近の夜釣りの釣果は、シブダイ(白点)メインで釣果がでていて、釣る人4枚前後、平均2kg前後の釣果。

フカセやカゴでの釣果が多く、ブッコミはウツボに苦戦している感じです。

イサキ狙いに関しては、最大で53cmのイサキがあがり、釣る人で15枚前後の釣果です。

ノッコミ具合はまだまだといった感じなので、まだこれからといった感じです。

 

最近の船からのジギングの釣果は、アカハタメインで釣果がでていて、釣る人で40枚〜60枚の釣果。

スジアラもポツポツ釣果があり、イサキポイントでは40cm〜54cmのイサキの釣果がありました。

最近はサバに邪魔をされていますが、ヒラマサポイントでは80cm前後のヒラマサを取り込みすんぜんで針ハズレと惜しいバラシもありました。

根魚や青物はこれからが面白そうです。

 

 

《 最近の釣果 》

 

 

DSC_0018.JPGDSC_0026(3).JPGDSC_0019(1).JPGDSC_1458.JPG1529888060838.jpgDSC_0024(3).JPGDSC_0025(4).JPGDSC_1448.JPGDSC_0017(2).JPGDSC_0007.JPGDSC_1401.JPGDSC_1406.JPG

DSC_1392.JPGDSC_1393(1).JPGDSC_1394(1).JPGDSC_1398(1).JPGDSC_1400.JPGDSC_1415.JPGDSC_1416.JPGDSC_1417(1).JPGDSC_1444.JPGDSC_1446.JPGDSC_1450.JPGDSC_1451.JPGDSC_1453.JPGDSC_1454.JPGDSC_1455.JPGDSC_1462.JPGDSC_1463.JPGDSC_1465.JPGDSC_1466.JPGDSC_0022.JPGDSC_0006.JPGDSC_0005.JPGDSC_0004(1).JPGDSC_0015(2).JPGDSC_0023(2).JPGDSC_1456.JPG

DSC_1420.JPGDSC_1443.JPGDSC_1405(1).JPGDSC_1418.JPGDSC_1412.JPGDSC_1449.JPG

         

2018.05.30の釣果

海水温 am 23.5℃ pm 23.9℃

 

久しぶりの更新です。

海水温も23℃前後ぐらいまであがりだし、だんだんと夏に向けて変わり始めてきました。

石鯛は当たり年で、毎日釣果がでています。

口太に関しては、梅雨グロの釣果がでてきました。

 

最近の底物の釣果は、毎回60cm前後の釣果がでていて、30日も最大で58cmの石鯛があがりました。

今シーズンは最大で6.3kgの石鯛があがり、6kgを越えるサイズの石鯛が2枚あがりました。

餌が完全にガンガゼに移行した影響で、ギンワサはあまりあがらなくなりましたが、雌♀の石鯛が数釣れるようになりました。

最近では、石鯛を釣る人で5枚の釣果。

石垣鯛も3kg近いサイズも釣れていて、数型ともに釣果がある感じです。

ノッコミ具合はまだ腹パンパンの個体が多く、なかにはまだ7割程度の個体もいるなど、まだまだ石鯛シーズンは続きそうです。

日によっても違いますが、石鯛釣り10人中8人釣れたり、全員安打だったりと高確率で釣果もでているのでまだまだ楽しめそうです。

最近になり、スジアラの釣果もでてきたので、石鯛狙いながらのスジアラも面白そうです。

 

最近の上物の釣果は、口太5枚〜10枚前後の釣果がでていて、29日にも48cmの口太を頭に7枚の釣果でした。

シマアジなどの釣果もでている瀬などもありますが日ムラがある感じです。

尾長に関しては、60cm前後の尾長が見えているポイントもいくつかありますが、タナ1ヒロ程度でハリス3号で瞬殺されている瀬などもあり、まったくとれていない状況。

全体的にはエサトリは多く、マニアックな瀬で釣果がでている感じです。

また、時期的にはイサキの釣果があるはずですが、今年はまったくダメで真鯛の釣果ばかりです。

 

磯からのルアーの釣果は、今シーズン初のスジアラが2本釣れていて、最大で76cm、6.7kgでした。

今週頭から、シイラなども釣れだしました。

シブダイ(黒点)も釣る人で50cm前後を3枚前後の釣果。

 

磯からのスルルー釣りでは、シブダイ(黒点)メインで釣果がでていて、ブダイ、サンノジ、シイラ、アカハタ、フエフキダイなどの釣果がでていて、30日もハリス10号バチバチ切られるなど、活性は高そうな感じでした。

 

《 最近の釣果 》

 

         

久志渡船 瀬割りのお知らせ

4月1日より、久志沖磯の瀬割りを開始しました。

風向きでの選択、上げ潮、下げ潮、底物ポイント、上物ポイントを2隻で総合的に話し合い決まりましたので報告します。

 

季節に応じて出港時間は異なりますが、出港時間から1:30で空いている瀬はフリーになります。

また、朝いちから当番の瀬に1人でも乗っている場合はもう1隻は乗せられません。

( 瀬変わり等で当番瀬が空いた場合フリーになります )

出港時間から1:30たっていない場合、2番船でも当番瀬は空いているということです。

 

瀬割りは偶数日、奇数日で分かれます。

31日と1日は同じ当番瀬ということになります。

 

瀬の予約は基本的に受け付けません。

なぜなら、毎回同じ瀬を予約したり、クラブなどで交代で瀬に乗ったりといった事で釣り人に不平不満がでるためです。

女性や子供連れ、お年寄り、初心者、釣りクラブの大会など総合的に判断して瀬を選択します。

ご了承下さい。

 

 

《 瀬割り 》

 

松風の当番瀬

 

偶数日

 

ひよこ(ヘタ平瀬)

0番

フナツキ

長瀬

シオフキ

ビシャ

ホトケ

カツメ

立神

 

ヘタ双子

4番

タンゴ

 

 

奇数日

 

平瀬(沖平瀬)

グンカン

山ノ瀬

中之瀬

ヒカゲ

クロタロー

長瀬の地

ヘタ大瀬

大瀬

 

沖双子

イラ瀬

横瀬

         

2018.04.10の釣果

海水温 am 18.1℃ pm 18.7℃

 

6日〜9日まで時化の影響で出港できず、久しぶりの出港となりました。

5日までは海水温20℃前後で安定していましたが、海水温は2℃近く下がりました。

 

最近の底物の釣果は3月で60cmオーバー12枚、50cm〜59cmサイズは60枚近くあがりました。

4月4日には、今シーズン最大の6.12kgの石鯛があがりました。

例年より石鯛の釣果があり、3月は広範囲で釣果に恵まれました。

釣果のほとんどが赤貝での釣果で、しばらくは赤貝メインで良さそうな感じです。

のっこみ具合もまだ5割程度なので、シーズンはまだまだ続きそうです。

 

最近の上物の釣果は、真鯛やイサキ中心に釣果があがっていますが、口太に関しては完全に産卵が終わり、厳しい状況です。

尾長に関しては、40cm〜45cmまでの釣果があり、これからのっこんでくる感じです。

潮通しのいいポイントで真鯛やイサキ狙いに絞っても面白そうです。

 

《 最近の釣果 》

 

         

1 / 69PAGES >>