最近の船釣りの釣果

最近の船釣りの釣果は、海水温は21℃台とまだまだ低いものの、アカハタなどの根魚メインでいけば、釣る人でアカハタ15枚〜20枚の釣果。

他では、アザハタ、ユカタハタ、アオハタ、オオモンハタ、ホウセキハタ、ホウキハタといった感じで釣果もでています。

スジアラに関しては、掛かるもののバラシばかりで、今シーズンはまだ釣果無しといった感じです。

真鯛狙いで、深場に展開して甘鯛や真鯛、ウッカリカサゴやマハタなどの釣果があがっています。

今シーズンは今まで狙っていなかった、少し深場に展開してマハタやムツ系も狙っている感じです。

青物は回遊しだいですが、1m前後のブリ、3kg前後のヒラマサと釣果がでています。

 

また、船釣りチャーターでは離島に展開して、バラハタ、アカハタ、マハタなどの釣果でした。

こちらもまだまだ、海水温が低く本格的な釣果は有りませんでしたが、大型のカンパチのバラシやアラ系のバラシなどもあり、流石離島といった感じでした。

 

 

《最近の船釣りの釣果》

 

         

2017.06.18の釣果

最近は海水温は、21.5℃前後で安定していて南西よりの風が吹き今週は出港できていない状況です。

先週は、潮の流れが早く複雑に流れていたため、ポイントによっては逆潮になったり、まったく潮が動かなかったりと苦戦していました。

 

最近の底物の釣果は、60cm前後の石鯛の釣果がポツポツあり、6月になっても雄♂や雌♀の腹パンパンの個体もあがっています。

雄♂の釣果は赤貝での釣果がほとんどで、雌♀の釣果はガンガゼでの釣果が多い感じです。

例年からするとだいぶ遅れていますが、もうそろそろ石鯛シーズンも終わりそうです。

最近は、ガンガゼを使う人で100個前後使う釣り人もいるなど、瀬によっては石垣鯛などの釣果も増えてきました。

今後は、シラガウニなども少しもってきても良さそうです。

 

最近の上物の釣果は、口太メインで釣果がでていて、ほっそりとした梅雨グロらしい個体が釣れています。

なかなか、日中の釣りも日差しが強くなってきましたが、釣る人で35cm〜45cmの口太を二桁釣果といった感じです。

先週は単発ですが、口太の50cmの釣果もありました。

毎日釣り人が乗るようなポイントでは、コッパやオヤビッチャやウスバハギなどの餌とりが多くなりやすく、釣果のあるポイントをローテーションしながら、磯に休息日を作って餌とりが増えなくしている状況です。

また、尾長ポイントでは日中ハリス3.5号まで食ってはくるものの、チモト切れで切られたり、竿がおこせず瀬ズレで切られたりとなかなか良型の釣果がありません。(尾長の45cmサイズまでは釣果あり)

イサキや真鯛狙いの釣果は、潮の流れが複雑だったり速かったりで苦戦してはいるものの、真鯛メインで釣果がでています。

真鯛は平均で50cm前後の釣果ですが、イサキの釣果は日中は無い状況です。(夜釣りでは釣果がでているのですが…。)

 

夜釣りの最近の釣果は、最大でシブダイ(白点)57cm、3.7kgの釣果がありました。(松風記録のシブダイ)

シブダイは尾長狙いのタックルで釣れ、餌はボイル、ハリスは10号でした。

シブダイもポツポツ釣果がでてきて、クロに関しては、50cmオーバーのクロがポツポツあがっています。

53cmを頭に、50cmオーバーを3枚含め、クロの二桁釣果の釣り人もいました。

夜釣りのイサキ狙いも、6月あたまは釣果に恵まれなかったものの、6月17日の夜釣りから釣れはじめ、真鯛やクロなども混ざり釣果もでていました。(小さいながらも白子パンパン)

またアラなどの釣果もあがり、これからが本格的な夜釣りシーズンになっていきそうです。

 

《最近の釣果》

 

 

《 磯の写真 》 

 

 

         

2017.05.08の釣果

海水温 am 18.7℃ pm 19.4℃

 

最近はなかなか忙しくHP更新もできずでした。

すいません…。

 

最近の底物の釣果は、石鯛は最大で65cmがあがっていて、釣る人で石鯛3枚の釣果。

4月後半から腹パンパンの石鯛があがりだし、今がピークといった感じです。

4月で60cmオーバーは10枚前後といった感じで、今年は55cm〜59cmの釣果が多い感じです。

まだまだ、赤貝での釣果中心ですが、今後はガンガゼも少し準備しといたほうが良さそうです。

また、石鯛釣りしながらのスジアラ狙いで、78cmのスジアラの釣果もでていました。

海水温が上がるにつれて、スジアラの活性もあがってくるので、今後楽しみです。

 

最近の上物の釣果は、1月や2月よりもクロの釣果がでていて、4月あたまからゴールデンウィークまでずっと、腹パンパンの口太の釣果がでています。(ほとんどが白子パンパン)

釣る人で40枚前後の釣果。(35cm〜49cmの口太)

毎日のように、二桁釣果の瀬がある感じです。

尾長中心で釣果のでている瀬は切られなどもあり数は望めませんが、48cmの尾長までは釣果がでている感じです。

また、イサキメインで釣果のでている瀬などもあり、イサキを釣る人で30枚前後の釣果。

イグロクーラー満タンにして帰る釣り人もいました。

イサキに関しても、腹パンパンでほとんどが白子を出しながらあがってくる感じです。

ほとんどがフカセでの釣果ですが、カゴ釣りでイサキを狙えば数はもっと伸びそうです。

イサキは平均で45cm前後でこのあいだは、50cm、2.1kgのイサキもあがっていました。

 

 

 

《 最近の釣果 》

 

 

         

お知らせ

例年6月から船釣りを始めていますが、昨年エンジントラブルで出港できなかったため、今年は少し早めの4月から船釣りを開始します。

5月いっぱいまでは、平日限定で出港します。

6月から10月までは通常通り稼働します。

 

《 過去の船釣りの釣果写真 》

 

 

IMGP1626.JPGIMGP1625.JPGIMGP1601.JPGIMGP1551.JPGIMGP1473.JPGIMGP1470.JPGIMGP1480.JPGIMGP1484.JPGIMGP1523.JPGIMGP1517.JPGIMGP1431.JPGIMGP1418.JPGIMGP1414.JPGIMGP1393.JPGIMGP1303.JPGIMGP1269.JPGIMGP1271.JPGIMGP1237.JPGIMGP1209.JPGIMGP1142.JPGIMGP1138.JPGIMGP1130.JPG118.jpgDSC_0445.jpg

         

2017.04.04の釣果

海水温 am 17.2℃ pm 17.7℃

 

天候にも恵まれ広範囲に展開しました。

最近は海水温の変動が激しく、16℃台〜18℃台をいききしている感じです。

 

最近の底物の釣果は、全体的に2kg〜3.5kgがポツポツと釣果があり、釣る人で石鯛2枚の釣果。

赤貝での釣果が多いですが、ガンガゼでの釣果もでていました。

最近は、ハリスワイヤーが切られたり、ぶりあげの際に落としたり、竿が起こせないなどバラシが多発しています。

石鯛の腹のノッコミ具合は3割り程度でまだまだといった感じです。

釣りあげた際に白子を出すような個体はまだ1枚もあがっていないので、4月後半や5月前半前後で腹パンパンの個体になりそうな感じです。

 

最近の上物の釣果は、最大で口太、尾長ともに45cm前後までの釣果があり、釣る人で10枚前後の釣果。

6日には、尾長の白子を出す個体などもあがり、いよいよ尾長もノッコミシーズンにはいってきました。

イサキや真鯛なども専門に狙えば釣果もでていて、良型もあがっています。

 

《 最近の釣果 》

 

 

         

1 / 65PAGES >>